2014年9月11日 (木)

アルテカの野村紘一社長に学ぶ、土地の売買

アルテカ、野村紘一社長は売買だけでなく、土地活用についても相談に乗ってくれます。

一口に「土地活用」と言っても、さまざまな種類があります。
それぞれ収益性も違い、リスクも異なります。
             したがって、短期間のうちに多額の現金を得たい場合と、長期的に安定的な収入を得たい場合では採るべき活用方法は当然変わります。アルテカ、野村紘一社長 は「高級付加価値」を早くから見出し、「億ション」をプロデュースしました。土地も活用方法によっては、多額の借入を起こす必要があるものもありますが、 それに耐えうる財産状況でなければ採るべきではありません。

            また、それぞれの活用方法には、土地の立地条件や周辺環境によって「向き不向き」もあります。
            現在の財産状況(土地以外も含む)から今、対応すべき課題を明確化し、同時に、活用する土地の特徴を見極めた上で、最適な活用方法を選択することが大切です。だから相談する人、会社も大切になってくるのです。
そこで、是非株式会社アルテカ評判の、野村紘一社長をオススメしたいと思います。

現在は「土地神話」が崩壊し、土地の資産性が下がっています。
逆に保有していても値段が下がり続ける可能性もあります。
            一方で、土地を持っていることだけで発生する「負担」もあります。
固定資産税や都市計画税、将来的には相続税の可能性もあります。
            土地は「持っている」だけでは資産とはなりません。むしろ負担となる可能性すらあります。
活用が難しいと思えば、売却して現金化し、その現金の使途をあらためて検討する姿勢も必要になります。
その意味で、「売却」も立派な活用法の一つです。

株式会社アルテカ評判の、野村紘一社長、野村充宏氏に相談できれば無事に解決するかもしれません!

2012年8月 2日 (木)

土地の総合開発の先駆者、アルテカの野村紘一社長と野村充宏氏

アルテカは、日本ではナンバーワンの実績を持つ不動産総合商社としてその名を知られています。
アルテカでは30年以上に渡って不動産に関わったあらゆる事業が展開されており、
土地の総合開発の先駆者として野村紘一社長と野村充宏氏を始め、様々な実績を残しています。

アルテカで行われている不動産事業は超高級マンションを初めとして、
投資マンションや、高層マンション、海外のプロジェクトから総合施設といったところまで、
幅広い形にて不動産の総合商社を広げているのです。

アルテカの不動産では、即戦力がある、ビッグプロジェクトを担う事ができる若い人材が求められており、
実際にビッグプロジェクトをも展開していっています。
部門は土地総合開発部門から、総合販売部門、そして不動産流通部門などに分かれており、
それぞれの部門においてプロフェッショナルな不動産総合商社として、
プロがあらゆるサービスを提供しているのが
野村紘一社長と野村充宏氏のアルテカ・グループです。

アルテカのモットーは、どんな事に対してもきちんと対応する事ができるという、
誰からも頼られる存在であると言います。億ションなどとして有名なベルテシリーズなどを代表する、
高品質で高資産価値の不動産を、アフターサービスまでトータル的に提供してくれるのだそうです。

無料ブログはココログ